名誉毀損の慰謝料算定

名誉・信用・プライバシー・肖像・パブリシティ侵害の慰謝料算定実務

名誉毀損の慰謝料算定

「被害者の社会的属性」「媒体の伝播性・信頼性・影響力」「加害行為の悪質性」の三要素を用いた慰謝料算定基準を示す、初めての書。

著者 西口 元 編著
小賀野 晶一 編著
眞田 範行 編著
ジャンル 法律・経済 > 法律実務一般
出版年月日 2015/10/16
ISBN 9784313313927
判型・ページ数 A5・248ページ
定価 本体3,400円+税
在庫 品切れ・重版未定

書籍を購入する

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • e-hon 全国書店ネットワーク

内容説明

慰謝料算定に必要な要素と算定式、算定基準を示した初めての書!
SNS等の普及から、近年加速度的に増加する名誉、信用、プライバシー、肖像、パブリシティの侵害。これまで必ずしも整理されてきたとは言えなかった、その慰謝料算定の考え方と算定実務を、数多くの裁判例から分析し提示。
名誉毀損の慰謝料額算定要素として「被害者の社会的属性」「媒体の伝播性・信頼性・影響力」「加害行為の悪質性」の三つの要素を示し、慰謝料額を算定する新しい手法を示す。

<本書の特長>
◎名誉毀損等の慰謝料算定要素、算定式、算定基準を示したはじめての書
◎裁判官、研究者、弁護士からなる研究会で、数多くの裁判例を分析・検討し、必要な要素を編み出した。
◎要件と損害についても、詳しくわかりやすく解説。
◎算定基準をもとに分析した最近の裁判例137件をリスト化し巻末に収録。

<執筆者一覧>

◎編著者
西口 元〔編著〕(早稲田大学大学院法務研究科教授・弁護士、元東京高裁判事)
小賀野晶一〔編著〕(中央大学法学部教授)
眞田範行〔編著〕(弁護士・千葉大学大学院(専門)法務研究科教授)

◎執筆者(50音順)
稲垣勝之(弁護士)
胡 光輝(北陸大学未来創造学部准教授)
千葉紘子(弁護士)
宮川 舞(弁護士)
蕨 俊英(弁護士)

目次

第1編 算定基準

1章 名誉毀損の算定式と算定基準
2章 信用毀損の算定式と算定基準
3章 プライバシー権侵害の算定式と算定基準
4章 肖像権・パブリシティ権侵害の算定式と算定基準

第2編 算定基準の解説と判例分析

1章 名誉毀損
 1 算定式と算定基準の解説
 2 被害者属性ごとの特性
 3 媒体ごとの特性
 4 名誉毀損判例の全体的特徴
 5 被害者属性による判例分析
 6 媒体による判例分析
 7 加害行為の態様による判例分析
2章 信用毀損
 1 信用毀損の特性
 2 信用毀損における財産的損害
 3 信用毀損判例の全体的な特徴
 4 被害者属性による分析
 5 媒体による分析
 6 加害行為の態様による分析
 7 信用毀損における立証の程度
3章 プライバシー権の侵害
 1 プライバシー権侵害の慰謝料の基準
 2 慰謝料算定の要素
 3 プライバシー権の意義と保護要件
 4 プライバシー権における慰謝料の役割
 5 プライバシー侵害の判例分析
4章 肖像権・パブリシティ権の侵害
 1 肖像権及びパブリシティ権について
 2 肖像権侵害による損害の算定基準
 3 パブリシティ権侵害による損害の算定基準要素
 4 肖像権侵害の判例分析
 5 パブリシティ権侵害の判例分析

第3編 要件と損害

1章 要件
 1節 名誉毀損
 2節 信用毀損
 3節 プライバシー権侵害
 4節 肖像権・パブリシティ権侵害
 5節 生活妨害の扱い
 6節 情報化の進展と人格権侵害
 7節 おわりに ―責任論から損害論への示唆
 
2章 損害論
 1節 名誉毀損における「損害」
 2節 信用毀損
 3節 プライバシー権
 4節 肖像権・パブリシティ権
 5節 損害の発生時期と消滅時効の起算点
 6節 慰謝料について
 7節 まとめ

◎判例一覧表
平成15年から26年までの裁判例137件を、算定基準に基づき分析した。

著者情報

西口 元/編著

早稲田大学大学院法務研究科教授・弁護士。元東京高裁判事。 早稲田大学大学院法学研究科博士課程(民事訴訟法)修了。主著に『現代裁判法体系13 民事訴訟』(新日本法規)『フランチャイズシステムの法律相談』(青林書院)など

小賀野 晶一/編著

中央大学法学部教授。早稲田大学大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学。日本交通法学会理事。 主著に『新版注解交通損害賠償法』(青林書院)『判例にみる共同不法行為責任』(新日本法規)など

眞田 範行/編著

弁護士・千葉大学大学院専門法務研究科教授。中央大学法学部卒業。1989年弁護士登録。 主著に『表現の自由とプライバシー 憲法・民法・訴訟実務の総合的研究』(日本評論社)「名誉毀損訴訟における要件事実的整理」判例タイムズ1071号

お知らせ
2017.08.23
地方公務員の〈新〉勤務時間・休日・休暇〈第2次改訂版〉 正誤情報を掲載致しました
2017.08.09
夏季休業のお知らせ
2017.07.19
新版 逐条地方自治法
2017.06.30
新人ブログvol.17 さいごに
2017.06.21
士業のための改正個人情報保護法の法律相談 正誤情報を掲載致しました。
2017.06.07
立ち読みページを掲載致しました。
2017.06.06
立ち読みページを掲載致しました。