公務員1年目の教科書  (電子書籍あり)

新人のうちに身につけたい、"一生モノの仕事の作法"がわかる!

著者 堤 直規
ジャンル 行政・地方自治 > 実用
出版年月日 2016/04/13
ISBN 9784313150843
判型・ページ数 4-6・184ページ
定価 本体1,600円+税
在庫 在庫あり

書籍を購入する

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online
  • Honya Club.com
  • e-hon 全国書店ネットワーク

電子書籍を購入する

  • Amazon Kindle
  • 楽天Kobo
  • 紀伊國屋書店
  • honto 電子書籍ストア

内容説明

◆新人のうちに身につけたい、"一生モノの仕事の作法"!

本書では、多くの先輩公務員たちが、「1年目からこのことがわかっていたら!」「1年目に教えてくれる人がいたら!」と思っているアドバイスをまとめました。
公務員の仕事は、民間企業とは考え方・進め方が異なる部分は少なくありません。
そこで本書では、公務員独自の仕事のコツやノウハウを、わかりやすく伝えます。
1年目はもちろん、この先ずっと役立つ、"一生モノの仕事の作法"をぜひ身につけてください。

◆信頼される公務員をめざそう!

読者リサーチから見えた、公務員にとって最も大切なこと――。
それは、「信頼」です。
そこで本書では、仕事のスキル・ノウハウだけでなく、上司・同僚、そして市民から信頼される公務員になるためにしておきたいこともお伝えします。

◆後輩・部下指導、研修にも役立つ!

新人・若手職員にとって役立つことはもちろん、本書は、後輩・部下の指導を行う方などにもおすすめです。
中堅・ベテラン公務員の方も、ぜひお手にとってみてください。

目次

はじめに――「1年目の努力」でスタートダッシュ!

STEP1 最初の1か月で身につけたい「7つの習慣」
 01 始業と同時に市民対応に備えよう
 02 まずは教わったとおりにやってみよう
 03 とにかくメモ、質問するときもメモ
 04 引継ぎに備えてマニュアルをつくろう
 05 「5分前の5分前」を心がけよう
 06 手帳を持ち、日誌をつけよう
 07 小さな積み重ねで信頼を築こう
  [新人職員からのよくある質問①] 休暇の取り方

STEP2 3か月目までに覚えたい「仕事の鉄則10か条」
 01 指示は過不足なく受ける
 02 必ず根拠と目的を押さえる
 03 ゴールを具体的にイメージする
 04 「段取り八分」を心がける
 05 役所の資源をフル活用する
 06 抜け漏れを防ぐ
 07 デキる若手のメモ+一言
 08 「ご相談があります」から始める
 09 意見は言う、決定には従う
 10 仕事の位置付けを理解する
  [新人職員からのよくある質問②] 残業の減らし方

STEP3 1年目に必ず磨きたい「公務員の必修スキル」
 01 表情・声・手元に注意する
 02 FAQを「見える化」する
 03 上司の目線で書く
 04 手本を集める、書式をつくる
 05 規則を読む、実務を知る
 06 議事要旨を書きまくる
 07 「調整」と「整理」
 08 手帳を「第2の脳」にする
 09 関係者の予定を押さえる
 10 失敗事例に学ぶ
 11 例規・要綱に目を通す
  [新人職員からのよくある質問③] 飲み会等の付き合い

STEP4 10年目までに自分のものとしたい「公務員プロの心得」
 01 雑用は積極的に引き受ける
 02 誘われたら顔を出す
 03 メンターを持つ、ライバルをつくる
 04 人には敬意を払う
 05 ナナメの関係をつくる
 06 本を読み、メモを書く
 07 リーダーになる、リーダーを支える
 08 判断力を磨く、決断力を培う
 09 勉強会をつくる、外に出てみる
 10 「2か月で覚えろ、3年先を見据えろ」
  [新人職員からのよくある質問④] 苦手なタイプの先輩職員

STEP5 10年後からが楽しくなる「錆びない自分のつくり方」
 01 「やる気スイッチ」を見つける
 02 できる公務員は叱られ上手
 03 健康であれ、教養を磨け
 04 家族・友人と過ごす時間を持つ
 05 地域活動のススメ
 06 まずは、しっかりと汗を流す
 07 出ない杭は腐る
 08 2人に1人が係長級となる
 09 定年まで異動・勉強
  [新人職員からのよくある質問⑤] 人事異動と希望部署

おわりに――「信頼される公務員」をめざそう
ブックガイド1 公務員におすすめの書籍
ブックガイド2 公務員におすすめの雑誌

著者情報

堤 直規/著

東京都小金井市企画財政部行政経営担当課長。 東京学芸大学教育学部卒業、同大学院社会教育学専攻修了。東京学芸大学教育実践総合センター(当時)の技術補佐員(教育工学)を経て、2001年に小金井市役所に入所。行政管理課情報システム係、保険年金課、企画政策課、納税課を経て、2016年4月から現職。執筆に、「自治体財政硬直化の要因と対処法をさぐる~小金井市を題材に~」(公職研「地方自治職員研修」2014年12月号)などがある。