男性のための離婚の法律相談

男性が不利とならないために、交渉の方法や依頼者との向き合い方、主張・立証の手法など、実務のポイントを示したはじめての実務書。

著者 本橋 美智子
ジャンル 法律・経済 > 法律実務
シリーズ 法律相談シリーズ
出版年月日 2017/03/02
ISBN 9784313314108
判型・ページ数 A5・236ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり

書籍を購入する

  •  
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • BOOKFAN by eBookJapan
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • ヨドバシ.com
  • TSUTAYA online
  • HMV&BOOKS online
  • Honya Club.com
  • e-hon 全国書店ネットワーク

内容説明

とかく女性に有利とされる現在の離婚制度。そこで男性が不利にならないための交渉や、主張・立証の仕方など、実務のポイントを示した、はじめての法律実務書。
育児・家事を分担するスタイルがあたりまえとなりつつある現代の離婚実務を、男性の離婚を数多く手がけた弁護士がQ&A形式で解説。相談を受ける弁護士や離婚問題に直面した当事者のために、必要となる知識を網羅的に解説するとともに、妻からのDVや、共働き妻からの財産分与請求などこれまであまり触れられてこなかった論点も多数盛り込み解説する、男性のための離婚の実務。

<本書の特長>
・男性の立場から離婚問題の考え方と実務を解説
・不利とならないための交渉や主張・立証の方法を示す
・妻と争いになりがちな論点を重点的に解説
・考え方のポイント、実務上の注意点をコンパクトに示す
・論点をイメージしやすいよう、具体的事例をもとに解説。
・これまであまり触れられなかった論点も豊富に収録。

目次

第1章 離婚原因
<夫側から離婚を求める場合> 
 1 子どもはいらないという妻と離婚出来るか
 2 家事をせず、整理整頓が出来ない妻との離婚
 3 妻の不倫が原因の離婚請求
 4 夫の不倫がきっかけで別居した妻への離婚請求
 5 妻からの精神的暴力・ハラスメント
 6 子どもが自分の子ではないとわかったとき
<妻側から離婚を求められた場合>
 7 妻が家を出たが、離婚はしたくない場合
 8 夫の有責行為とされる離婚原因
 9 妻からDVと主張された場合
 
第2章 慰謝料
 10 男性の立場から見た離婚慰謝料の性質
 11 妻から高額の慰謝料を請求された場合
 12 妻から不貞行為の相手女性に慰謝料を請求された場合
 13 不倫した妻への慰謝料請求
 14 いわゆるパートナーシップ関係の相手方への慰謝料請求
 
第3章 財産分与
 15 なぜ財産を分けなければならないのか
<清算的財産分与>
 16 清算的財産分与の妻の寄与割合
 17 共働きで十分な資産がある妻からの財産分与
 18 妻への財産分与請求
<扶養的財産分与>
 19 扶養的財産分与
<財産分与の算定>
 20 妻が勝手に引き出した夫の預金
 21 夫の特有財産
 22 債務の分与
 23 妻の借金
 24 退職金の財産分与
 25 年金の財産分与

第4章 婚姻費用
 26 別居した妻からの生活費支払要求
 27 婚姻費用の算定
 28 婚姻費用はいつまで支払わなければならないのか
 29 婚姻費用の変更

第5章 養育費
 30 再婚した妻からの養育費支払請求
 31 養育費の算定方法
 32 全く会えない子の養育費を支払う義務はあるか
 33 大学に進学した子の学費や生活費の請求
 34 養育費の減額請求

第6章 子どもの親権・監護権
<親権>
 35 子の親権・監護権とは何か
 36 父は子の親権者や監護者になれないのか
 37 母を監護者、父を親権者にすることはできないのか
 38 面会交流を認めない母から親権者の変更はできるか
 39 離婚後に親権者である母が死亡した場合
 40 離婚後、妻の交際相手が子を虐待している場合
<子の引渡し>
 41 妻が夫に無断で子を連れ別居した場合にとるべき手段
 42 父が親権者に指定されたが、妻が従わない場合

第7章 面会交流
 43 親権・監護権を失った父は子どもに会えないのか
 44 面会交流の調停・審判の実情
 45 面会交流をうまく行うために
 46 面会交流の具体的な内容・条件
 47 子が面会交流を拒否する場合
 48 DV夫とされた場合の面会交流
 49 妻の再婚相手と子が養子縁組した場合の面会交流
 50 面会交流をさせてくれない母への対応

第8章 離婚手続
 51 離婚手続の進め方と留意点
 52 妻が勝手に子の親権者を母と書いた離婚届
 53 公正証書で離婚合意書を作るときの注意点
 54 離婚調停をうまく行うには
 55 離婚後の税金、手当等

第9章 国際離婚
 56 日本人妻と離婚した外国人夫の在留資格
 57 海外に子を連れていった妻との離婚手続
 58 海外在住であった妻が夫に無断で子を連れ日本に帰国した場合

著者情報

本橋 美智子/著

本橋美智子(もとはしみちこ)著 弁護士(第一東京弁護士会)本橋総合法律事務所 1953年神奈川県鎌倉市生まれ。東北大学法学部卒。 第一東京弁護士会所属。東京都介護保険審査会委員、第一東京弁護士会成年後見センター運営委員会委員、世田谷区社会福祉協議会成年後見連絡会委員等の経験から、相続、離婚、成年後見等の相談や事件を多く扱っている。 【著書】 単著 『新版要約離婚判例』『要約相続判例109』『要約遺言判例100』(学陽書房)『妻たちの相続と税金』(中央経済社) 『結婚・離婚・再婚』(中央経済社)

お知らせ
2018.09.07
「平成30年北海道胆振東部地震」について
2018.09.03
給与小六法 平成31年版の追録情報を掲載致しました。
2018.08.29
金融六法 平成30年版の追録情報を掲載致しました。
2018.07.12
「平成30年7月豪雨」について
2018.07.03
総務ブログvol.42 2019年度新卒採用についてのお知らせ
2018.06.22
新人ブログ2018【最終回】ありがとうございました最後のご挨拶
2018.03.01
2019年度新卒採用のお知らせ
2018.01.01
公費での購入に関する送料サービス変更のお知らせ