裁判官はこう考える 弁護士はこう実践する 民事裁判手続

現役裁判官×弁護士、腹を割って語る!よりよい民事裁判のために求められるものとは?若手もベテランも新しい気付きが必ずある1冊!

著者 柴﨑 哲夫 共著
牧田 謙太郎 共著
ジャンル 法律・経済
法律・経済 > 法律実務
出版年月日 2017/09/20
ISBN 9784313511637
判型・ページ数 A5・256ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり

書籍を購入する

  •  
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • BOOKFAN by eBookJapan
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • ヨドバシ.com
  • TSUTAYA online
  • HMV&BOOKS online
  • Honya Club.com
  • e-hon 全国書店ネットワーク

内容説明

現役の裁判官と弁護士、腹を割って民事裁判手続きを語る!
よりよい民事裁判のために求められるものとは?
民事裁判手続の流れに沿って、法曹二者が互いの仕事ぶりに意見を交わしあう。裁判官の胸の内も、弁護士の実務テクニックも満載。
若手もベテランも、ここに新しい気付きが必ずある!実務に携わる方必見の1冊!

目次

第1 裁判官から見た
弁護士との協働による事実の解明                   
1 「裁判官はひたすら黙って……」は理想的?
(1)「物言わぬ裁判官」のもたらす弊害
(2)でも裁判官が「しゃしゃり出る」ことは、弁護士が許さない
(3)処分権主義と弁論主義
(4)裁判官が的確に認定すべき「事実」とは
2 「よりよい民事裁判」と「正しい事実認定」
(1)よりよい「民事裁判」と「正しい事実認定」
(2)「当事者の納得」は、正しい事実認定に立脚する
  3 認定の対象となる「事実」を巡って
(1)裁判官が的確に認定すべき「事実」とは
(2)認定すべき事実は「点」か「線」か
(3)事実認定に踏み込まないままの判決をした失敗談
4 弁論主義と要件事実理論は、正しい事実認定を阻害する?
(1)弁論主義と要件事実理論に対する「曲解」?
(2)要件事実論は、それでもやはり重要である
5 客観的事実を認定することの重要性
(1)客観的事実の発見に向けて
(2)処分権主義に対する裁判官の介入の必要性
(3)裁判官はなぜ「口を挟む」のか
6 法曹二者が共通して目指していくべきこと
(1)民事訴訟手続は事実認定に向けた協働作業
(2)事実認定の協働作業における相互協力
(3)いわゆる「真実義務」と代理人弁護士
(4)裁判官、弁護士がそれぞれ負っている事実認定理由の説明義務
(5)裁判官と弁護士は、相互協力をしているか

⇒弁護士からひとこと
1 総論賛成、しかし各論は?
2 弁護士の真実義務とは
3 依頼者との関係
4 再度主論に立ち返る


第2 弁護士から見た
民事裁判に至るまで  

1 事件の受任
(1)全ては法律相談から始まる
(2)ここだけは押さえよう! 法律相談の留意点
(3)相談後の処理
2 委任契約の締結
(1)委任契約書の作成
(2)明確に! 「何を」「どこまで」「いくらで」するか
(3)「経済的利益」と言っても依頼者にはわからない
(4)契約書は時間と手間をかけてつくるもの
3 調査
(1)事実調査
(2)法律・判例調査
(3)インターネットの利用
4 手続きの選択
(1)裁判か、それとも交渉・調停・ADRか
(2)保全処分をすべきか

⇒裁判官からひとこと
1 弁護士の役割に期待すること
2 「法的解決を目指す」との視点を忘れずに
3 実体法規の選択と一般条項
4 実体法規の選択と法的センスの問題
5 手続の選択,特に民事保全で注意すべきこと
6 裁判官も見習うべき「弁護士のあるべき態度」


第3 弁護士から見た
訴状の作成・提出    
               
1 訴状作成は大変な作業である
(1)訴状は民事裁判の設計図面
(2)訴状にはたくさんの読み手がいる
(3)訴状作成に王道はない
2 民訴法が求める訴状記載事項
(1)法律上の記載事項
(2)民訴法以外の手続き
3 訴状の内容面のポイント
(1)打合せから訴状起案は始まっている!?
(2)請求の趣旨について
(3)請求の原因と重要な間接事実について
(4)読み手への配慮
4 訴状の形式面のポイント
(1)1頁目と2頁目
(2)管轄裁判所はどこだ
(3)訴訟物の価格,貼用印紙額
(4)当事者目録
(5)物件目録・登記目録

⇒裁判官からひとこと
1 事情聴取での御苦労は,お察し申し上げるが・・・
2 訴状作成の際は悩んでほしい
3 訴状の記載事項について
4 訴状とともに提出すべき証拠について
5 「よって書き」,否むしろ「訴訟物」の摘示はしっかりと


第4 弁護士から見た
答弁書・準備書面の作成・提出
                   
1 被告事件の相談者がきたら
(1)期限・裁判所を確認する
(2)速やかに相談を実施する
(3)訴状や証拠を見ながら相談をする
(4)結論を必ず明示する
2 答弁書はこうつくる!
(1)形式面の記載事項
(2)内容面の記載事項
(3)本案前の抗弁
3 認否と被告の主張の書き方
(1)「認める」場合
(2)「否認する」場合
(3)文書の成立の真性を争う場合
4 三行半答弁書の是非
5 委任状もお忘れなく
6 第1回口頭弁論期日
7 準備書面を出す?出さない?
8 準備書面と期日の関係
9 期日に臨む心構え
(1)「口頭」であることの意味を意識しよう
(2)裁判官と議論をすべし
(3)次回期日と書面提出の期限を設定せよ
10 準備書面の作成
(1)準備書面の記載内容
(2)依頼者との打合せの持ち方
(3)依頼者の話が変遷したら?
11 準備書面の提出
(1)準備書面の作成日付の謎
(2)「追い込まれ型の」のあなたへ~期限を守る3箇条

⇒裁判官からひとこと
1 「認否」と「被告の主張」をコーナー分けると読みやすい
2 反対事実の主張立証を拒否する当事者には,しっぺ返しが待っている
3 第1回期日に委任状の原本が未着のときは,終結か続行か?
4 第1回期日に被告本人のみが出頭した場合,代理人抜きで被告本人から事情聴取をするか?
5 期日には「口頭」弁論をする気構えで臨んでほしい
6 本人の話がコロコロ変わっても「大人の対応」を
7 期日終了直後の復習は裁判官も励行すべき


第5 裁判官から見た
書証と証拠説明書

1 事実認定における書証の価値
(1)裁判官は書証を重視する
(2)裁判官はどのような過程で「事実認定」をするのか
(3)書証は「リアルタイム」で作成されている
(4)書証は「訴訟における勝敗」をにらんでいない
(5)「特段の事情」により書証の文面が否定されることも
(6)「心証形成の95パーセントは書証」は本当か
2 提出すべき書証とは何か
(1)提出すべき書証か否かの振り分け基準
(2)必要な書証か否かの意見対立があったら
3 どの時期に書証を出すべきか
(1)書証は早めに提出してほしい
(2)書証の後出しによる「悪性立証」は許されるか
(3)相手方による認否前の書証提出は必要か
4 証拠説明書をめぐる問題
(1)証拠説明書の機能を再確認しよう
(2)書証の作成者を的確に把握すること
(3)立証趣旨の記載は実質的かつ簡潔に
(4)書証の作成年月日もおろそかにしない

⇒弁護士からひとこと
1 書証の重要性
2 書証を出すタイミング
3 証拠説明書


第6 裁判官から見た
争点整理手続  
                 
1 争点整理のあり方
(1)争点整理が不十分な審理が増えている?
(2)争点整理はなぜ重要なのか
(3)裁判官は絶えず情報発信をする必要がある
(4)1期日における争点整理の具体的な実施方法
(5)争点「整理」というけれど,「整理」とは何をするのか?
2 弁論か弁論準備か
(1)争点整理は弁論期日ではできないのか?
(2)弁論では争点整理をするための時間が足りない……本当か?
(3)弁論準備の「セールスポイント」を生かすべき事件とは?
(4)弁論の「公開」と「傍聴人の存在」が弁論準備に付する動機?
(5)「公開性」を重んじるなら準備的口頭弁論もある
3 電話会議が認められる要件とは?
4 進行協議期日
(1)進行協議期日と「事実上の検証」
(2)「事実上の検証」後に別の裁判官が担当になったら……。

⇒弁護士から一言!
1 争点整理手続
2 弁論準備について
3 電話会議について
4 進行協議期日について


第7 弁護士から見た
陳述書,証拠申出,尋問準備
                   
1 書証の取り調べから人証の取り調べへ
(1)裁判官から「進行についてご意見は?」と聞かれたら。
(2)証拠調べをせずに結審!
2 陳述書の作成
(1)陳述書の意義,機能
(2)誰が起案するのか
(3)陳述者のレベルに似せるべきか
(4)内容についての注意点
(5)陳述書をいつ作成するか
(6)第三者へのアプローチ
(7)第三者との面談
3 証拠申出書
(1)尋問されたい人はいない
(2)相手方に対する人証申請
(3)第三者の証人申請
(4)証拠申出書の作成
4 証拠決定
(1)尋問の順番
(2)尋問時間
5 尋問の準備
(1)尋問事項の作成とリハーサル
(2)リハーサルでうまくいかない
(3)尋問事項(手控え)を渡すか否か
(4)反対尋問の準備
(5)証拠の再確認

⇒裁判官からひとこと
1 「ご意見は。」という抽象的な質問はせず,選択肢を示すべし
2 人証ゼロは,個々の人証の必要性を検討した結果である
3 人証ゼロの可能性は,早めに示唆しておくべき
4 陳述書の証拠開示機能も,主尋問代用機能と同じく重要である
5 陳述書には,具体的事実を中心に盛り込むべし
6 作成者の尋問をしない陳述書の証拠価値は高くない
7 陳述書の提出は,「先攻・後攻」ではなく同時とするのが公平である


第8 裁判官から見た
人証調べ

1 証人及び当事者本人の採用
(1)人証採用の基本姿勢は「『穴埋め』ができる人かどうか」
(2)人証の「関連性」については多様な意見が・・
(3)「唯一の証拠」ならぬ「唯一の人証」は採用すべき
(4)本人の納得を目的とする本人尋問の是非
2 人証調べの準備
(1)主尋問の準備も「ほどほどに」
(2)反対尋問の準備は,陳述書の弱点探しで
(3)裁判官も,自ら反対尋問をするつもりで準備すべし
3 人証調べの実施
(1)証人や本人には,事実を語らせるように
(2)民訴規則違反の質問に関心を持ってほしい
(3)質問の「前置き」はすべきでない
(4)質問内容を超えた答えは遮ってほしい
(5)反対尋問で嘘を暴くには,事実を具体的に語らせるべし
(6)尋問期日直前の書証提出は「相当期間前」までのはずだが
(7)「弾劾証拠を示します」というけれど,これは弾劾証拠なのか?
4 証人や本人の供述態度と心証形成
(1)供述の態度は,裁判官の心証形成に影響するか?
(2)供述の態度は,訴訟記録に残されているのか?

⇒弁護士からひとこと
1 弁護士は尋問のプロのはずだが・・・。
2 尋問一般の心得
(1)大きな声ではっきりと話す
(2)間合いをとる
(3)一答のための一問
(4)前置きをしない
(5)相づちやオウム返しをしない
(6)なるべく雑語を入れない
(7)丁寧な言葉遣いや態度
3 主尋問の注意点
(1)机の上の準備とウォーミングアップ
(2)主尋問は無理をしない
(3)失敗してもあわてない
(4)思いつきの質問をしない
4 反対尋問の注意点
(1)事前準備と主尋問の齟齬がないか
(2)反対尋問の巧手
(3)反対尋問は引き際が肝心
5 異議の出し方
(1)誤導尋問
(2)意見を求める尋問・意見をおしつける尋問
(3)誘導尋問
(4)証人が直接経験していない事実を求める尋問
6 尋問の終わりに


第9 裁判官から見た和解

1 訴訟上の和解についての基本的な考え方
(1)和解運営には二つの型がある
(2)筆者が心証中心型を採用するのは何故か
2 訴訟進行状況に応じた和解勧試の方法
(1)提訴後間もない時点での和解は交渉中心型で
(2)争点整理中の和解勧試は,心証形成に応じて
(3)陳述書や人証調べが,和解案に影響を及ぼすことはあるか
(4)弁論終結後の和解は,毅然とした態度で臨むべし
(5)他方,弁論終結後も証拠評価に関する主張は傾聴すべし
(6)終結後の和解が決裂した後に,心証が変わったら
3 代理人及び当事者本人への接し方は?
(1)裁判官は,代理人や当事者本人が怖い・・・
(2)結局は「経験の積み重ね」しかないのでは
(3)代理人や当事者本人とバトルをする覚悟も,場合によっては必要
4 下された判決が,提示された和解案と真逆だった・・・
(1)和解で,全部敗訴側の顔を立てようとすることは少なくない
(2)判決では紛争の抜本的解決にならないような事件も
5 和解案を拒絶した当事者を,判決で不利益扱い?
(1)裁判官は,職務に関して当事者に「報復」をすることはない
(2)裁判官が当事者に「報復」することは,国家賠償モノ
6 和解の席では当事者本人に何を言えばよいのか
(1)心証開示という「理屈」だけで説得するのは難しい
(2)本人に「私も同じ」,「私も同感」と言ったら成功した事例
(3)当事者本人と同じ舞台に立つと,道が開けるかもしれない

⇒弁護士からひとこと
1 和解の時期・タイミング
2 裁判官の心証開示
3 依頼者と和解を検討する


第10 弁護士から見た
イレギュラーケース対応と判決後の処理

1 訴訟の中断・受継
(1)依頼者や相手方が亡くなった……。
(2)訴訟の中断・受継の規定
(3)訴訟が当然終了する場合
(4)訴訟代理人がついている場合は要注意
(5)相続放棄の可能性を忘れずに
(6)相続人に連絡をしないで判決に至ったケース
(7)日頃のコミュニケーション
2 訴えの変更,反訴・別訴提起
(1)どのようなときに変更するのか
(2)訴えの変更の要件
(3)訴えの変更の手続き
(4)反訴と別訴
3 最終準備書面
(1)最終準備書面とは?
(2)最終準備書面の書き方
(3)証言の扱い方
(4)反論と再反論も書く
4 判決後の処理
(1)結果の連絡は迅速に
(2)判決をいつ受け取るのか
(3)強制執行をめぐる攻防

⇒裁判官からひとこと
1 「有事」への備えはとても大切である
2 本人死亡の際は,裁判所も事件をストップさせた方が……。
3 訴えの変更に関する注意点あれこれ
4 裁判官が最終準備書面に期待していることは……。
5 言渡後の手続で本人と「行き違い」がないように
6 差押対象財産の捜索は大変。しかし節度をわきまえて……。

著者情報

柴﨑 哲夫/共著

1984年 早稲田大学法学部卒業 1988年 名古屋地方裁判所判事補 1990年 前橋家庭・地方裁判所判事補 1993年 青森家庭・地方裁判所判事補 1996年 東京地方裁判所判事補 1998年 同判事 1999年 福島地方・家庭裁判所相馬支部長 2003年 東京地方裁判所判事 2006年 さいたま家庭・地方裁判所川越支部判事 2011年 横浜家庭・地方裁判所判事 2015年 千葉地方・家庭裁判所松戸支部判事

牧田 謙太郎/共著

弁護士(柏綜合法律事務所)。 1997年 早稲田大学法学部卒業 2001年 弁護士登録(千葉県弁護士会) 2013年 千葉県弁護士会副会長 2017年 千葉県弁護士会松戸支部支部長 現在    千葉県児童虐待対応法律アドバイザー 法務省人権擁護委員 柏市教育委員

お知らせ
2018.09.07
「平成30年北海道胆振東部地震」について
2018.09.03
給与小六法 平成31年版の追録情報を掲載致しました。
2018.08.29
金融六法 平成30年版の追録情報を掲載致しました。
2018.07.12
「平成30年7月豪雨」について
2018.07.03
総務ブログvol.42 2019年度新卒採用についてのお知らせ
2018.06.22
新人ブログ2018【最終回】ありがとうございました最後のご挨拶
2018.03.01
2019年度新卒採用のお知らせ
2018.01.01
公費での購入に関する送料サービス変更のお知らせ