9割の公務員が知らない お金の貯め方・増やし方 新刊

公務員に適したお金との向き合い方、資産運用のポイントがわかる!

著者 林 誠
ジャンル 行政・地方自治
行政・地方自治 > スキルアップ
出版年月日 2018/07/05
ISBN 9784313150911
判型・ページ数 4-6・212ページ
定価 本体1,600円+税
在庫 在庫あり

書籍を購入する

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • BOOKFAN by eBookJapan
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • ヨドバシ.com
  • TSUTAYA online
  • HMV&BOOKS online
  • Honya Club.com
  • e-hon 全国書店ネットワーク

内容説明

◎公務員こそ資産運用! 

 真面目だけど経済オンチ(?)な公務員に向けて、お金のとの付き合い方をわかりやすく解説!
 「公務員=安定」と言われる中、昨今、年金一元化、官民格差解消による退職金の減額、iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入解禁など、公務員のお金をとりまく環境が大きく変わっています。
 家庭を持ったり、家族が増えたりすると、お金について考える機会が増えてきます。
 そこで本書は、「漠然とした不安はあるけれど、お金や経済の知識がない」「プライベートのことだから、上司や先輩に相談はできないし……」といった方に向けて、公務員が知っておきたいお金に関する基礎知識を解説します。
 ライフプランの考え方はもちろん、公務員特有のお得な共済預金、株式投資、投資信託、NISA、iDeCoなどを網羅。人生100年時代と言われる今だからこそ呼んでおきたい、公務員のためのマネー入門です

目次

 はじめに

CHAPTER1 いま、公務員が考えておきたいお金のこと
 1 公務員は真面目? でも「経済オンチ」?
 2 経済を自分事にしよう
 3 国の財政状況が公務員に与える影響
 4 改めて公務員の特徴を考える
 5 官が有利な時代は終わった
 6 人生100年時代のマネープラン
  COLUMN1 ギャンブルの功罪

CHAPTER2 いまさら聞けないお金・経済のきほん
 1 そもそもお金とは何?
 2 では、景気って何? 自治体にどう影響する?
 3 経済のカラクリ「金利」って何?
 4 改めて「株式」って何?
 5 「円高」「円安」はなぜ起こる? 「円高」「円安」で何が起きる?
 6 公務員にはデフレとインフレ、どっちが得?
  COLUMN2 「日本経済新聞」を読もう

CHAPTER3 公務員のライフプランを考える
 1 公務員のライフプランとは
 2 結婚した場合、独身を通した場合
 3 転勤はない! 地方公務員は持ち家と賃貸、どっちがいい?
 4 どう考える? 公務員の住宅ローン
 5 公務員に本当に必要な保険とは? 
 6 入り過ぎていないか? 医療保険のチェックポイント
 7 子供の教育にはいくらかかる?
 8 教育資金の備え方
 9 再任用&65歳定年延長、いつまで働き続けるか?
 10 公務員の年金はどうなっている?
 11 大きく下がった退職金
 12 「公務員=老後も安泰」という方程式の崩壊
  COLUMN3 プラン通りに行く人生なんかないけれど

CHAPTER4 公務員のための資産運用の基礎知識
 1 資産運用は胡散臭い?
 2 資産運用のためのいろいろな仕組みを知っておこう
 3 資産運用でできることには限界がある
 4 自分の資産をどうしたいか考えることが先決
 5 明るく楽しく家計の見直し
 6 家計のバランスシートを作るといろいろ見えてくる
 7 公務員特有のお得な制度「共済預金」を活用しよう
 8 「債券」はローリスクだがローリターン
 9 世界を広げる「株式投資」
 10 「NISA」で非課税枠を賢く使おう
 11 自己責任で信じて託す「投資信託」
 12 株式以上に読めない「外貨投資・FX」
 13 公務員にも解禁されたお得な個人型年金「iDeCo」
 14 「不動産投資」は投資というより業に近い
 15 ポートフォリオは分散か、集中か
 16 地方公務員にふさわしい投資方法とは?
  COLUMN4 投資への偏見はありませんか?

CHAPTER5 公務員が損をしないための世代別ワンポイント
 20代――経済リテラシーを高め、自分に投資
 30代――家族のこと、家のこと。腰を据えて人生設計
 40代――見えてきたリスクにしっかり備える
 50代――資産運用に遅過ぎるという言葉はない
  COLUMN5 投資に役立つテレビ番組

 おわりに

著者情報

林 誠/著

所沢市経営企画部次長。1965年滋賀県生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。日本電気株式会社に就職。その後、所沢市役所に入庁。一時埼玉県庁に出向し、現在に至る。市では、財政部門、商業振興部門、政策企画部門等に所属。役所にも経営的な発想や企業会計的な考え方も必要と中小企業診断士資格を、東京オリンピック・パラリンピックに向けて通訳案内士資格を取得。また、所沢市職員有志の勉強会「所沢市経済どうゆう会」の活動を行う。自治体改善マネジメント研究会会員。著書に『お役所の潰れない会計学』(自由国民社、2007年)、『財政課のシゴト』(ぎょうせい、2017年)、『イチからわかる!““議会答弁書”作成のコツ』(ぎょうせい、2017年)がある。